スタッフブログ

スタッフブログ一覧

2014.06.17

相続人が痴呆症になっていたら?【熊本の相続遺言相談受付中!】

  これは実務的によくある相談です。
「父が亡くなったのですが、母は痴呆症になってしまっています。遺産分割協議ができますか?」

 相続関係のサイトなどを見ていると
「痴呆症になった方の代理人として成年後見人を選任し、その人と協議すれば大丈夫です」などと簡単に答えているものもあります。

 確かに理屈というか、模範解答としては間違っていないのですが・・。
親切な回答といえるためにはもう少し説明する必要があります。

 実際に成年後見人を選任するとなると家庭裁判所が関与するので想定外のことが起きることもあり、親族にもそれなりの覚悟が必要です。
例えばこんなことです。

・家庭裁判所に申請した後見人候補者が必ずしも選ばれるわけではない。事情によっては専門家がつけられ、報酬が発生することもある。

・成年後見人が代理で遺産分割協議をする場合、あくまで本人のメリットになる分割方法を取らなければならない。つまり、最低でも「本人の法定相続分」を確保する内容でなければならないので、相続人同士で好きなように分けられるわけではない。

・一旦選任すると遺産分割が終わっても成年後見人の仕事は痴呆症の本人が亡くなるまで続く。

遺産分割協議の後も本人の財産の使い道がある程度縛られる。原則、「本人のために使う」場合だけOKと思っておく方がよい。

 具体的なトラブル例としては、

「今までは子供夫婦が何か大きな出費がある時には親の援助を当てにしていたのにそれができなくなった」
「自分達が想定していた遺産分割の予定が大きく狂ってしまった」などです。

 日本人は特に「個」の財産権を強調するよりも「家族は一体。助け合うもの。」という観念が染みついているため、親のお金と自分のお金を混同しやすい一面があります。
ですから、家庭裁判所に「子供世帯のために親のお金を使うのはダメ」と言われて困惑してしまう人もいるのです。

 想定しなかった事態にならないためにも、相続人の一人が痴呆症になっている場合は、相続のことだけではなく後見の実務にも精通した専門家に相談して見通しを立てることが必要です。


2014.06.02

戸籍の解読には「熟練」が必要【司法書士(熊本)による相続遺言相談受付中!】

 自分で相続手続をしよう!と思った時に最初で最大の挫折原因はというと「戸籍集め」でしょう。
相続にまつわる手続すべてにおいて、まず必要なのは「亡くなった方の戸籍を遡る作業」です。

「亡くなった父の相続手続をしようとしたら、銀行からお父さんの出生までの戸籍を全部遡ってくださいと言われました。これなら出生の日付があるから大丈夫ですよね?」と最後の戸籍だけ持って来られる方が時々いらっしゃいますが、これだけでは足りないのです。

出生からの戸籍をすべて、という意味は
①生まれて親の戸籍に入った
②親が家督相続して新戸籍を作った
③役所の戸籍に関する法改正で新しい戸籍が作られた
④結婚によって夫婦の戸籍が作られた
⑤本籍を変えた(いわゆる転籍で、引っ越しと共にする場合が多い)
⑥養子縁組などで養親の戸籍に入った、又は離縁で抜けた

 このような出来事があった場合の「すでに抜けた戸籍」も含めてすべて取る、という意味なのです。
何通になるかは個人差がありますが、平均寿命くらいのご年齢で亡くなった方の場合、平均して5通前後はあるはずです。

 最後の戸籍はたやすく取れると思いますが、そこから遡る作業というのはなかなか難しいのです。
基本、戸籍はその自治体の役所に行かないと取れないので、転籍などで自治体がまたがっている場合は特にやっかいです。

 昔の戸籍は特に手書き、しかも行書体のような文字で書かれ、読みこなすためにはかなりの熟練を要します。

 相続人そのものがすでにご高齢の場合、戸籍を集める作業で疲れきってしまうこともあります。
こういう面倒な場面こそ、数をこなしている我々専門家の出番です。

 ご自身でやるのに比べて何倍ものスピードで集めることができますから相続人の方に余計なストレスがかかることがありません。

 面倒なことはお任せで必要最低限のことだけにしたい!

 途中までやってみたけど挫折したので丸投げしたい!

 そんな方はぜひ一度ご相談ください!

 

2014.05.22

相続人を納得させる遺言を②【司法書士(熊本)による相続遺言相談受付中!】

  前回、遺言書の内容に不満のある相続人が遺留分減殺請求をして自分の取り分を主張した事例をご紹介しました。
遺言は相続トラブルを防ぐためにあるのが本来の姿であり、遺言の内容がトラブルを引き起こしてしまうのでは本末転倒です。

 あくまで遺言書は「書く側」の考えで書けば良いのが基本ですが、受け取る側への思いやりがあることが前提です。
「相続人が納得しやすい、受け入れやすい」遺言とはどんなものか考えてみましょう。 (→こちらもご参照ください!「遺言書に何を書くか」

 もし自分が相続人だったとしたら、どんな遺言に反発を感じてしまうでしょうか。

・自分の名前が遺言のどこにも出てこない
これは当事者にしてみたらやはりショックです。遺産分けの対象となっていない子供のことでも、遺言のどこかで必ず言及し、親の愛情が伝わる内容にすれば遺産分けへの不満も和らぐはずです。

・さしたる理由もなく分割方法が偏っている
「長男だから」という理屈が通用すると思っているのは親の世代まで、ということもよくあります。例えば介護の負担を負ってくれた子には多く、多額の学費がかかった子には少なめに、など根拠が具体的であればあるほどそこには説得力が生まれます。

「兄弟というのはもともと親の愛情を奪い合う者同士だ」と考える人もいます。

 「仲がいいはず」と思い込みたいのが親の心情ですが、それは親がまだ生きているからこそ溜まった不満を表に出していないだけのこともあるのです。
こと遺産分割協議については「普通は争いになる」くらいにシビアに考えておいた方がよいと思います。

 皆が納得して親への感謝とともに遺言を受け入れられる、こんな理想的な状況を目指したいものですね。

 自己判断はとかくトラブルのもとになります。 

遺言書を書きたい、遺言書を発見した、遺言書に基づく手続はどうしたら良いか、など、小さなことでもお気軽に専門家にご相談ください。