相続の放棄

もし故人に債務があったら?

相続放棄(借金にびっくりする女性)

 「父が亡くなった後、突然私のところに支払請求の通知が来たんです」

こう言って慌てて通知書を持ってくる相続人の方がいらっしゃいます。

 「遺産相続」というのは財産であろうと負債であろうと故人の持っていたものすべてを承継することになりますから、当然こういったこともありうるわけです。たとえば

・長年事業をしていて日常的に資金を借り入れていた
・生前から何度も消費者金融などを利用していた

 など、あらかじめ予測がつく場合もありますが、家族に借金を隠していたような場合は、相続人としては自分が借りたわけでもない債務を突然負うこともあるのです。

 → 「借金の有無を調べるには」

相続放棄は時間との戦い

 突然降りかかってきた借金の督促に慌ててしまいがちですが、故人の債務が資産より多いことがわかっていればすぐに「相続放棄」を検討しましょう。

 相続放棄手続で知っておきたいのは次の点です。

相続放棄(注意点)

 「3カ月」というのは「死亡を知ってから」ですが、実際ほとんどのケースでは死亡後3カ月になるでしょう。
 つまり、ゆっくり考えている余裕はほとんどないのです。

 なお、相続人の間で遺産分割協議をして「自分は相続しない」という協議書に署名したり、債権者に意思表示をするだけでは債務を免れることはできないので注意しましょう。

相続放棄ができなくなる場合がある?? → 「法定単純承認と限定承認」
3ヶ月を過ぎても相続放棄できることがある?? → 「3ヶ月を過ぎての相続放棄」

相続放棄の手続

自分が相続人となったことを知って3カ月以内に家庭裁判所に申述しなくてはなりません。時間がないのですみやかに行いましょう!

申述人

放棄する相続人

申述先

被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所

手数料

収入印紙800円
※その他関係者への通信用郵便切手が必要になるが各裁判所へ確認が必要

添付書類 申述書
申述者の戸籍謄本
被相続人の除籍謄本・住民票
(被相続人と申述人の関係によって除籍を添付する範囲が異なります)
相続放棄(放棄の手続)

 期間内にできる自信がない、手続がきちんとできるかどうか不安がある方は
専門家に依頼する方が確実です。

もう時間がない!ちゃんとできるか不安!そんな方はこちらへ

女性依頼者と相談

 期間に制限のある手続だからこそ専門家に頼んで、確実な手続を行いましょう。
 もし、3ヶ月を過ぎている場合でも借金を合理的な理由で知らなかったなど、特別な事情がある場合は相続放棄が認められることがありますのであきらめずにご相談ください。

 他の手続と異なり、相続放棄についてはゆっくり考えている期間がありません。「もう少し早く相談していれば・・」とならないよう、
 いますぐ、 096-345-3880 へお電話を!!