3ヶ月を過ぎての相続放棄

明らかに相続放棄の期限に間に合わない場合は?

相続放棄(放棄期間の伸長)

 故人が手広く事業をしていた、各地に財産が散らばっている、そんなケースで短期間にすべての財産と負債を把握することは困難です。ましてやご葬儀や49日などで慌ただしく過ごしていた遺族にとって3ヶ月などあっという間に過ぎてしまうことでしょう。 → 「借金の有無を調べるには」

 ですから、どうしても3ヶ月で相続放棄手続をすることができないという事情があり、あらかじめそれがわかっている場合には、家庭裁判所に期間伸長の申立をしておく方法をおすすめいたします。

 ※必ず伸長が認められるとは限りません。
 ※期間伸長の申立は相続開始後3ヶ月以内にする必要があります。

もう3ヶ月を過ぎてしまっている場合は?

相続放棄(3ヶ月経過後に気付いた)

 故人の死亡から3カ月を過ぎてから突然「支払請求通知」が来た!
こんなに借金があったなんて・・このような場合、もうどうしようもないのでしょうか?

 そんなことはありません。

 借金があることを知らずに3カ月を過ぎてしまった場合は知ってから3カ月以内にその事情を家庭裁判所に説明し、納得してもらえれば相続放棄を認めてもらえる場合があるということです。
 故人と長い間断絶状態だったので、まったく借金があるなど知らなかった・・。このような方からの相続放棄のご依頼もありました。(家庭裁判所による調査はあったものの、無事に認められています)

 ただし、すべてのケースでこれが認められるわけではなく、下記のような場合は認められづらいようです。

・相続人が多額の相続財産を使ってしまっている時。
・相続人が相続財産である不動産を自分の名義にしてしまった時。
・相続人が相続財産である不動産を売却してしまった時。
・プラス財産が多く、借金を十分に返済できる状況にある時。

 相続人の行為によっては期限内であっても相続放棄が認められないことが
 ありますのでこちらもご覧ください! →
「法定単純承認と限定承認」

あきらめずにご相談ください

女性依頼者と相談

 3カ月を過ぎてしまっていてもまず事情をお伺いし、できる限り相続放棄を認めてもらえるよう、お手伝いをいたします。

 もう無理だからと放置してしまうことだけは絶対に避けましょう。

 早めの行動によって相続放棄が認められる場合もあるのです!

 なお、家庭裁判所への上申書の書き方、照会書の回答の仕方など、ご本人では難しく迷いがちな部分も専門家に任せれば安心です。

 いますぐ、 096-345-3880 へお電話を!!