借金の有無を調べるには

故人の借金を知る方法はあるの?

相続放棄(取立てに怯える女性)

「亡くなった家族が借金をしていたかもしれない。請求がいつ来るかわからない。」

という状況は本当にストレスになります。

 調べてみた結果、もし借金が多ければ死亡を知って3カ月以内に相続放棄をすべきですので、借金の有無を調べる手段を知ることは大切です。

 具体的に借金がいくらあるか調べる方法は、本人の所持品からカード、請求書など郵便物を調べ、直接債権者に問い合わせる方法もありますが、
個人信用情報機関」という本人の借入や返済に関する情報を登録してあるところに相続人として開示請求をする方法もあります。

「個人信用情報機関」とは何?

 「個人信用情報機関」とは、クレジット会社が情報を出し合って作っている、与信判断(ある人にお金を貸してよいかどうかの判断)をするための情報機関です。

 この機関は銀行系、クレジット系、消費者金融系などいくつかあります。

相続放棄(借金を調べたい親族)
CIC(シーアイシー) クレジット会社が共同出資で
作った機関です。
全国銀行個人信用情報
センター
一般社団法人全国銀行協会が
設置・運営する機関です。
日本信用情報機構 貸金業者やリース会社、保証
会社などが加盟する機関です。

情報開示請求に必要な書類(各機関により異なるので請求の際は事前に確認が必要)
・故人の除籍謄本
・相続人との関係がわかる戸籍謄本
・開示請求する相続人の身分証明書
・手数料として定額小為替(1000円程度のところが多い)

 これらの信用情報機関には契約の内容や延滞の状況などが記録されています。
 内容の開示請求は基本、本人からとなっていますが、本人との関係を戸籍で証明すれば一定の範囲内の親族が債務の内容を調べることができます。

 しかし、注意しなければならないのはこのような情報機関にも加盟していないいわゆるヤミ金融などの業者からの借入を全て調べることはできないということです。

 ただ、ヤミ金などについては本人が借入、返済額などのメモを残しているということもありえます。生前から親族が借金に悩まされていたなどの過去がある場合は、個人信用情報機関の調査プラス本人の遺品を詳しく調べて、何らかの手がかりをつかむことが非常に大切なのです。

どうも故人の借金が多そうだ・・という時は急いで相続放棄の検討を!
期限がある手続のため、ゆっくりしてはいられないのです!!
 こちらをご参照ください → 「相続の放棄」

・自動的に相続の承認とみなされる場合がある?? → 「法定単純承認と限定承認」
・3ヶ月を過ぎても相続放棄できることがある?? → 「3ヶ月を過ぎての相続放棄」