相続人と相続分

誰が相続人になる?

 相続分というのは、被相続人が遺言で決めていないのであれば法定相続人全員の話し合いで決まることになります。
 → 遺産分割協議の種類・方法
 → 遺産分割協議がまとまらない時は
 → 遺産分割協議書作成のポイント
   遺産分割の具体的な話し合いを始める前や、遺言書を作成する前に基本的な民法の決まりごとを知っておきましょう。
もちろん、決める際にこれに必ずしも縛られる必要はありませんが、決める際のひとつの目安になります。

三世代の家族

配偶者は常に法定相続人になります。
配偶者と共に相続する者の順位は

①子
②子がいない場合は直系尊属(父母など)
③直系尊属がすべて死亡している場合は兄弟姉妹

 これらの人達が誰もいない場合、遺言がなければいとこなどに遺産が渡ることはありません。原則的には国庫に帰属することになります。次に、具体的な相続分をみてみましょう。

相続財産(遺産)とは何か?を知りたい方はこちらをご参照ください → 「遺産とは」

配偶者と子が相続人の場合(相続財産が1200万円の例)

相続関係図(配偶者と子供)

 一般的に一番多い相続の形態と思われますが、被相続人に配偶者と子供がいる場合、それら全員が相続人になります。(配偶者がいない場合は子供のみが相続人となります)

 相続財産(遺産)1200万円の例で見ると、妻は全体の1/2ですから1200万円の半分の600万円、長男と次男は残りの600万円を分け合う形で300万円ずつとなります。
もし、非嫡出子(婚外子)がいた場合は認知がされていればその子も法定相続人となりますが、相続分は嫡出子の半分になります。左の例でもし長女が婚外で出生した非嫡出子だったと仮定すると、長男の相続分が400万円、長女の相続分が200万円ということになります。

配偶者と両親が相続人の場合(相続財産が1200万円の例)

相続関係図(配偶者と親)

 お子さんのいらっしゃらない夫婦のどちらかが亡くなり、亡くなった方の直系尊属(父母など)が生存していれば配偶者と直系尊属全員が相続人となります。(配偶者がいない場合は直系尊属のみが相続人となります)
相続財産(遺産)1200万円の例で見ると妻が2/3の800万円、父母両方が生存していれば父母で残りの1/3をさらに均等に分け合う形になるので200万円ずつとなります。

配偶者と兄弟姉妹が相続人の場合(相続財産が1200万円の例)

相続関係図(配偶者と兄弟)

 お子さんのいらっしゃらない夫婦のどちらかが亡くなり、既に直系尊属が全員亡くなっていれば妻が3/4、兄弟姉妹が1/4を相続することになります。(配偶者がいない場合は兄弟姉妹のみが相続人となります)

 相続財産(遺産)1200万円の例で見ると妻が900万円、兄弟2人がいるとすれば2人で1/4をさらに均等に分け合う形になるので150万円ずつとなります。

既に死亡した相続人がいる場合(相続財産が1200万円の例)

相続関係図(代襲相続)

 お子さんがいらっしゃる場合でもお子さんが親より先に亡くなっていればお孫さんが「代襲相続」することにとなり、子の相続分だったはずの割合をそのまま相続することになります。

 相続財産(遺産)1200万円の例では妻が600万円を相続します。2人の子のうち1人が死亡していれば、生存している子は300万円を相続、死亡している子に3人の子供(被相続人から見て孫)がいる場合なら3人で300万円を均等に分け合う形になるので100万円ずつとなります。(配偶者は代襲相続人になりません)