相続・遺言用語集(あ行)

相続・遺言の理解に欠かせない用語集です!

それぞれの用語をクリックすると用語解説にジャンプします。

遺言(いごん、ゆいごん)

自らの死後に備えて残しておく言葉、文書のこと。法的効力を持たせるためには文書であることが必要。

遺言書(いごんしょ、ゆいごんしょ)

遺言の内容を書面にしたもの。法的効力を持たせるためには一定の様式に従っていなければならない。

遺言事項(いごんじこう、ゆいごんじこう)

遺言書に書くことにより法的に強制力を与えることができる事項。

遺言執行者(いごんしっこうしゃ、ゆいごんしっこうしゃ)

遺言の内容を実現させるため特に選任された人。相続人の代理人として各種手続きを行う。

遺言能力(いごんのうりょく、ゆいごんのうりょく)

遺言が法的に有効になるために必要な能力。満15歳以上で意思能力(自分の行為の性質を判断する能力)があることが必要。

遺産分割(いさんぶんかつ)

相続財産を具体的に各相続人に分配していく手続き。これをする前は相続財産は相続人全員の共有状態となっている。

遺産分割協議書(いさんぶんかつきょうぎしょ)

相続人全員で決定した遺産の分配方法を書面にしたもの。手続先に提出するものについては各相続人が署名または記名の上、実印を押印しなくてはならない。

遺贈(いぞう)

遺言によって財産を人に無償で譲ること。

一身専属権(いっしんせんぞくけん)

その人自身でないと行使できない(相続の対象とならない)権利のこと。

遺留分(いりゅうぶん)

相続財産のうち、相続人(兄弟姉妹を除く)に必ず残さなければならないとされる一定額の割合。

遺留分減殺請求(いりゅうぶんげんさいせいきゅう)

遺留分を侵害されている相続人が、侵害するような遺贈、贈与等を受けた人に対して返還を請求すること。

遺留分放棄(いりゅうぶんほうき)

遺留分を持つ相続人が自らの遺留分を放棄すること。相続開始前にする場合は家庭裁判所の許可が必要。

姻族(いんぞく)

自分または血族の婚姻によって発生するつながり。具体的には夫から見た妻の親や兄弟、妻から見た夫の親や兄弟。

延納(えんのう)

相続税の現金一括払いが不可能な場合に、一定の要件のもとで納税の期限を延長する制度。