相続・遺言用語集(は行)

相続・遺言の理解に欠かせない用語集です!

それぞれの用語をクリックすると用語解説にジャンプします。

廃除(はいじょ)

被相続人への虐待や著しい非行など一定の事由があった推定相続人の相続権を失わせること。被相続人が家庭裁判所に請求し、廃除の審判を受けることにより効力を生じる。

半血兄弟(はんけつきょうだい)

父母どちらか一方のみを同じくする兄弟姉妹(異父兄弟姉妹、異母兄弟姉妹)のこと。

非課税財産(ひかぜいざいさん)

その財産の性質上、また社会政策上、相続税の対象とならないとされる財産のこと。具体的には墓、仏壇仏具や香典、死亡保険金や死亡退職金の一部、国に寄付された財産など。

被相続人(ひそうぞくにん)

相続される人。相続人に承継される権利義務のもとの所有者。

非嫡出子(ひちゃくしゅつし)

法律上の婚姻関係にない男女の間に生まれた子。

筆頭者(ひっとうしゃ)

戸籍の最初に記載されている者。

秘密証書遺言(ひみつしょうしょいごん)

民法に規定された遺言方式の一つ。遺言内容を秘密にしつつ遺言の存在だけを公証人に証明してもらえる。

表見相続人(ひょうけんそうぞくにん)

戸籍上相続人と見えるが実際には相続権を失っている者(廃除、相続放棄など)、もしくはまったくの無権利者にもかかわらず相続人のように振る舞い、相続財産を支配している者。

負担つき遺贈(ふたんつきいぞう)

遺贈者(あげる者)が受遺者(もらう者)に一定の財産を与える代わりに負担を課す遺贈。

普通養子縁組(ふつうようしえんぐみ)

実方との関係が残る養子縁組のこと。実親、養親との二重の親子関係、相続関係が生じる。

物納(ぶつのう)

延納によっても金銭で相続税を納付することが困難な場合、税務署長の許可を得て有価証券、不動産、動産などにより納付すること。

分家(ぶんけ)

家族の一員が元々所属していた家を離れて新しく一家を構えること。

包括遺贈(ほうかついぞう)

ある財産を特定するのではなく財産の全部、または一部を割合を指定して遺贈すること。

傍系姻族(ぼうけいいんぞく)

配偶者の傍系血族や自分の傍系血族の配偶者のこと。夫からみた妻の兄弟姉妹、おじ、おばなど、または自分の兄弟姉妹、おじ、おばなどの配偶者のこと。

傍系血族(ぼうけいけつぞく)

同じ祖先から分かれた血族のこと。兄弟姉妹、おじ、おば、いとこ、甥姪など。

法定相続分(ほうていそうぞくぶん)

民法の規定により定められている相続分。
(具体的には → 「相続人と相続分」)

法定単純承認(ほうていたんじゅんしょうにん)

相続財産の全部または一部の費消や一定期間内に相続の承認・放棄を行わないなど、民法に定められた一定の事由に該当する場合に相続人が単純承認したとみなされること。

法定相続人(ほうていそうぞくにん)

法律(民法)によって定められた相続権のある者。
配偶者(内縁や愛人を除く)がある時はその者は必ず相続人になり、その他の親族はまず①子、子がいなければ②直系尊属(親、祖父母)、それらいずれもいなければ③兄弟の順で法定相続人となる。

付言(ふげん)

遺言のうち相続財産の処分や祭祀承継者の指定などの本体部分以外で、家族に最後の言葉として残す文言。