相続・遺言用語集(ま・や・ら行)

相続・遺言の理解に欠かせない用語集です!

それぞれの用語をクリックすると用語解説にジャンプします。

みなし相続財産(みなしそうぞくざいさん)

死亡保険金や死亡退職金など、遺産分割の対象となる相続財産ではないものの、被相続人の死亡を契機として受取人が経済的利益を得たものにつき、相続税課税上、相続財産と同視されるもの。

養子(ようし)

養子縁組によって法律上の嫡出子たる身分を取得した者。

養子縁組(ようしえんぐみ)

具体的な血縁関係とは無関係に法律上の親子関係を発生させる制度。

養親(ようしん)

養子縁組による親。実親と同様の法律的地位を有する。

利益相反行為(りえきそうはんこうい)

ある行為について一方の利益になると同時にもう一方の不利益となるもの。

路線価(ろせんか)

国税庁が毎月7月初旬に発表する、同年1月1日時点での街路に接する標準的な土地の1平方メートル当たりの価格。相続税や贈与税算定の基準価格となる。