公正証書遺言

なぜ公正証書遺言がよいか

遺言の知識(遺言検索システム)

 公正証書遺言とは、
・最寄りの公証役場に出向き
・公証人と証人の面前で自分の遺言内容を確認し、作成してもらう
 というものです。 

「遺言書の種類と特徴」のページで自筆証書遺言と公正証書遺言との比較をしましたが、私たち専門家は、公正証書遺言を強くおすすめしております。

 公正証書遺言のメリットとは
・公正な第三者が意思確認するので証拠能力が高く
・公証役場に保管してあるので紛失の心配をしなくてよい

ということに尽きるでしょう。

 費用はかかりますが遺言者が亡くなった後の相続人の手間を省き、トラブルを防止する効果を考えたら十分にその価値はあります。

 ただし、公正証書を作っても、遺言の存在に気付かずに遺産を分割してしまう危険は残ります。ですから遺言を書いたことを近い親族などに伝えておくことが必要です。

 親族の方で、遺言があるかも?でも確信がない・・という場合、どうしたらよいのでしょう。

 公正証書については「遺言検索システム」というものがあり、どこの公証役場からでも遺言の有無を調べることができます。(本人が死亡したことや親族関係を戸籍で証明することが必要です)

公正証書の費用はどのくらいかかる?

 公正証書を作成する際は公証人手数料や謄本の費用がかかりますが、手数料額は財産総額やもらう人の人数によって変わります。

目的財産の価額 手数料の額
100万円まで 5,000円
200万円まで 7,000円
500万円まで 11,000円
1000万円まで 17,000円
3000万円まで 23,000円
5000万円まで 29,000円
1億円まで 43,000円
遺言の知識(公正証書手数料基準)
遺言の知識(公証役場に手数料確認)

手数料の計算にあたっては、いくつかの注意点があります。

※まず、相続又は遺贈を受ける人ごとにその財産の価額を算出して上の表に当てはめます。
 それによって求めた手数料額を合算して当該遺言書全体の手数料を算出します。

・1000万円の財産を1人に相続させる場合は上記表にそのまま当てはめて17,000円
・500万円ずつ2人に相続させると11,000円×2=22,000円
 つまり、もらう人の人数が多ければ割高になるということです。 

※全体の財産が1億円以下のときは、遺言加算として上記の合計手数料額に1万1000円が加算
されます。 

※遺言書の原本(役場で保管するもの)が4枚(法務省令で定める横書の証書にあっては、3枚
)を超えるときは、超える1枚ごとに250円の手数料が加算され、また、正本と謄本(遺言者
に渡すもの)の交付にも1枚につき250円の割合の手数料が必要となります。 

※遺言者が病気などのため公証人が病院や自宅に出張する場合には上記の表の手数料がに50%加
算され、公証人の日当と交通費がかかります。 

 個々の事情により若干異なる場合があるので必ず事前に公証役場に確認しましょう!

公正証書遺言作成まで(司法書士に依頼した場合)

①遺言者からのヒアリング、文案作成

遺言の知識(bunan)

 ここでは司法書士に遺言書文案の作成を依頼した場合を想定してご説明します。

 まず、司法書士は遺言者と面談を行います。
・本人が誰にどの財産を渡したいのか
・家族に言い残しておきたいこと
・その他、遺言書に必ず必要と思われること
 をヒアリングします。

 その後、遺言者本人の意向を踏まえて遺言書の案を作成します。
 各手続先での相続手続が遺言に基づいてスムーズにできるよう、法律的な決まり事も考慮されています。

②司法書士と公証役場がやりとり

遺言の知識(uchiawase)

 司法書士は公証役場に連絡を取り、文案をFAX等で送信して内容を確認してもらいます。
 それに基づき公証役場の職員はワープロであらかじめ遺言書を作成しておきます。

 また、公証役場訪問にあたって公証人の予約を取らなくてはならないので、司法書士は公証人のスケジュールを聞いた上で、遺言者、証人との日程調整を行い、予約をとります。

③証人と共に公証役場を訪問

遺言の知識(syounin)

 遺言書を作るには証人2名が必要ですので、予約した当日には証人にも同行してもらわなくてはなりません。
 証人になるには法律の資格などはなくてもかまいませんが、欠格事由といって、下記の人はなれないことになっています。

1.未成年者
2.推定相続人、受遺者及びその配偶者並びに直系血族
3.公証人の配偶者、四親等内の親族、書記及び雇人

 つまり、
・一般的に判断能力が未熟であることが多い未成年者
・利害関係が生じるであろう一定の範囲の相続人
・秘密保持の観点から公証人の関係者
 は、証人にはなれないことになっているのです。

④公証人の面前で内容を確認の上、公正証書を作成

遺言の知識(koushouyakuba)

 公証役場に着いたら、まず印鑑証明書などあらかじめ準備しておいた書類を提出します。
そして公証人、遺言者、証人のみが個室に入ります。

 公証人が遺言者に対して本人確認、意思確認を入念に行ってから遺言内容を読み上げます。
 遺言者と証人はそれを聞いて間違いがないかどうか確かめます。
 これまでの親族との人間関係や生活の状況など全般を公証人が質問してくることもあります。
 これは、遺言者の意識レベルがしっかりしているかどうかを公証人が繰り返し確認しているのです。

 もし、公証人の読み上げた内容に間違いがなければ各人が公正証書にサインし、最後に謄本を交付してもらって終了となります。

・遺言は何歳くらいでするのがベスト? → 「遺言できる人、するタイミング」
・私には遺言、必要ですか? → 「遺言必要度チェック」
・遺言をしなかった場合、どんなことになる? → 「遺言がないとどうなるか」
・作ってみたいけど、どんな形式にすればよいの? → 「遺言書の種類と特徴」
・自分で自宅で書いてみたい! → 「自筆証書遺言」
・書かなければならないことは決まっているの? → 「遺言書に何を書くか」
・後で気が変わったら?? → 「遺言の変更」
・遺言の内容に不満がある! → 「遺留分」