遺言必要度チェック

今すぐに遺言書を!!

揉める、話し合いができないなど、このままにすると相続手続きが滞り、子孫が困る危険性が極めて高いと思われます。大切なお子さんやお孫さんを守るためには遺言が一番有効な方法です!すぐ専門家にご相談されることをお勧めします!

 → 遺言がないとどうなるか

そろそろ遺言の準備を!

それなりの財産を持ち、お世話になった方にひと財産残したいという場合は、元気なうちに意思表示をしなければ実現できません。もらえない方に納得していただきスムーズに手続するために遺言書は必要不可欠なのです。

 → 遺言に書くべきこと

しかし定期的に遺言の必要性を考えましょう。

お子さんが一人の場合、比較的相続はスムーズにいきやすいといえるでしょう。また、二人以上でも分けやすい現預金がたくさんあれば不動産がもらえない方への分与もしやすくなります。ただし、現預金などは時間とともにに減少する可能性もありますし、お子さん同士の関係も変化してくることがあります。定期的に遺言の必要性を見直すことは大切なことといえます。

 → 財産が少なければ遺言は不要?

※ あくまで簡易診断ですので、個別の事情により必要性の有無は異なります。
さらに詳しい診断、相談をご希望の方はワンコイン相続遺言相談などをご利用くださいませ。

・遺言は何歳くらいでするのがベスト? → 「遺言できる人、するタイミング」
・遺言をしなかった場合、どんなことになる? → 「遺言がないとどうなるか」
・作ってみたいけど、どんな形式にすればよいの? → 「遺言書の種類と特徴」
・自分で自宅で書いてみたい! → 「自筆証書遺言」
・やっぱり作るなら公証役場できちんと! → 「公正証書遺言」
・書かなければならないことは決まっているの? → 「遺言書に何を書くか」
・後で気が変わったら?? → 「遺言の変更」
・遺言の内容に不満がある! → 「遺留分」