遺言書の種類と特徴

遺言には種類がある

遺言の種類を区別すると以下のようになります。

遺言の知識(遺言の方式)

  一般的には普通方式の中の自筆証書遺言、公正証書遺言がよく用いられています。

 もっとも簡単に説明すると、
「自筆証書遺言」→ 自宅で自筆する遺言 
「公正証書遺言」→ あらかじめ起案した遺言の文案をもとに公証役場で作成する遺言

ということになります。

 特別方式は、死期が迫っているなど、普通方式の遺言をするのが難しい状況で行われるものですので、あまり使われるケースは多くありません。

代表的な遺言方式の長所・短所は?

 遺言書の形式で最もよく使われる2つである自筆証書遺言と公正証書遺言を比較すると次のようになります。

自筆証書遺言 公正証書遺言
概 説

自筆で遺言を作成し、日付、氏名を
記入のうえ、押印する。

公証役場で、2人の証人の前で
遺言の内容を公証人に申し述べ、
公証人が遺言書を作成する。

長 所

・いつでも、どこでも手軽に作成できる
・誰にも知られず、作成できる
・作成の費用がかからない

・内容が明確で、証拠能力が高いので
確実
・無効になるおそれが少ない
・偽造や紛失のおそれがない
短 所 ・家庭裁判所での検認が必要
・不明確な内容になりがち
・形式の不備で無効になりやすい
・証拠能力も低く、トラブルになりがち
・偽造や紛失のおそれがある
・内容を自分で考えなければならない
・証人が必要
・費用がかかる
・公証役場との打ち合わせが必要
※公証役場は内容の相談にはのらない

 それぞれについてさらに詳しく知りたい方はこちらをご参照ください!

「自筆証書遺言」 「公正証書遺言」

・遺言は何歳くらいでするのがベスト? → 「遺言できる人、するタイミング」
・私には遺言、必要ですか? → 「遺言必要度チェック」
・遺言をしなかった場合、どんなことになる? → 「遺言がないとどうなるか」
・書かなければならないことは決まっているの? → 「遺言書に何を書くか」
・後で気が変わったら?? → 「遺言の変更」
・遺言の内容に不満がある! → 「遺留分」